三重弁で歌おう


≪どんぐりころころ≫

【 スタンダード 】
1.どんぐり ころころ ドンブリコ
お池にはまって さあ大変
どじょうが出てきて こんにちは
坊ちゃん一緒に 遊びましょう

2.どんぐり ころころ よろこんで
しばらく一緒に 遊んだが
やっぱりお山が恋しいと
泣いてはどじょうを 困らせた


【 三重弁 】
1.どんぐりころがってもた、とまらへん!
池にはまってしもたがや、えらいことやんけ
どじょうさんがでてきよったわ、こんにちは。
坊ちゃん、一緒に遊んだるわな。

2.どんぐりころげまわってよろこびよってな
ちょぼっとのま、いっしょんなって遊びよったんやけどな
やっぱし元おった山に戻るゆうてダダこねてさな
えっらい泣きよって どじょうさんおうじょうしたわ

≪浦島太郎≫

【 スタンダード 】
むかしむかし浦島は助けた亀に
連れられて竜宮城へ来てみれば
絵にもかけない美しさ


【 三重弁 】
そらもうむっちゃ前のことなんやけどさな、浦島は助けたった亀に
連れてかれてもて、竜宮城へきてみたんやけど
絵にかけえゆわれてもかけへんほどきれいやに

≪うさぎとかめ≫

【 スタンダード 】
1.もしもしかめよ かめさんよ
世界のうちでおまえほど
歩みののろい ものはない
どうしてそんなにのろいのか

2.なんとおっしゃるうさぎさん
そんならおまえとかけくらべ
むこうの小山のふもとまで
どちらが先にかけつくか


【 三重弁 】
1.おいおい、かめさん。かめさん、あんたに言うとるんやに。
世界はそらむっちゃひろいけどさな、そん中でもあんたほど
歩きのとろくっさいものはあらへんのとちゃう。
なんでほんなににっすいん?

2.こりゃまたでえらきっついこと言うてくれるやんけ、うさぎさん。
そこまで言うか?ほんならあんたと勝負したろやん。
あっちのほうにちっこい山あるやん、あっこのふもとがゴールな
どっちがはよ着けるか勝負しよやんけ。

≪通りゃんせ≫

【 スタンダード 】
通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの細道じゃ
天神さまの細道じゃ
ちょっと通してくだしゃんせ
ご用のないもの通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに
お札をおさめにまいります。
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも 通りゃんせ 通りゃんせ


【 三重弁 】
通りなよ、通ったらええやん
ここって道細いけどどこなん?
天神さんの細道やんけ
ほんならええんさ、ちょぼっと通したってくれへんかな
なんも用のあらへんやつは通したらへんのやに
いやさな、この子7つになったもんでさな。めでたいでお祝いに
お札をおさめにきたったんやんか。
行きはええんてほんまに。帰りむっちゃこわいに。
むっちゃこわいけどそれでもええんやったら通りさ、ほら通りいや

≪はと≫

【 スタンダード 】
ぽっぽっぽ はと ぽっぽ
豆がほしいか そらやるぞ
みんなでなかよく
たべにこい


【 三重弁 】
ぽっぽっぽ はと ぽっぽ
なんや 豆がほしいんか、しゃあないなあ、ほらやるわ
せやけどひとりで食べんなや みんなで
仲良うして食べるんやに

≪桃太郎≫

【 スタンダード 】
ももたろさん ももたろさん
お腰につけた きびだんご
ひとつ わたしに くださいな
あげましょう あげましょう
これから 鬼のせいばつに
ついてゆくならあげましょう


【 三重弁 】
ももたろさん ももたろさん
その腰んとこにぶらさがっとるきびだんごやけどなあ
ひとつでええさかい、おれにもらえへん?
しゃあないなあ しゃあないなあ
やるけど そんかわり今から鬼ヶ島へ行くでさなあ
一緒についてくるんやったらええに

≪しゃぼん玉≫

【 スタンダード 】
しゃぼん玉とんだ
屋根までとんだ
屋根までとんで
こわれて消えた
風 風 吹くな
しゃぼん玉とばそ


【 三重弁 】
とんどるとんどる しゃぼん玉やん
屋根んとこまでとんどる!
せっかく屋根んとこまでとびよったのに
えらいこっちゃこわけてけえてもたぁ
そんなに風吹いたらあかんて
しゃぼん玉とばしたろ思うてんのにさなあ



<< 三重弁講座トップにもどる